So-net無料ブログ作成
検索選択
わたし ブログトップ

変身するわたしの顔② [わたし]

結局、午前中は大学に行き二時間ばかり授業を受け
午後会社に行くという生活がはじまりました。

想像以上に大変でしたが、毎日勉強できることが
楽しくてしょうがありませんでした。
大学は、経済学部経済学科。マクロ経済やミクロ経済
といった、経済に関する基本的なことから学び始めました。

でも、仕事はペースを緩めず全力投球していたので
終わるのはほとんど毎日深夜。。。
授業中は眠くて眠くて・・・コックリこっくりなんてこともしばしば。

こうして、1年間、女子大生として勉強することと、
社会人として管理職という立場で仕事をすること、
この二足のわらじで生活していました。

・・・でも実は、もうふたつのわらじがあります。
妻として、そして1児の母としての顔。



変身するわたしの顔① [わたし]

わたしにはいくつかの顔があります。
どれもちょっと中途半端な感じではずかしいのですが、
今日は、その中のひとつをご紹介したいと思います。

話は4年半前にさかのぼります。
高校を卒業して10年以上経過したある日、
どうしても大学の卒業資格がほしいと思う出来事が
ありました。学歴学歴という会社の上司(おやじです)。
一流大学出ていても全く仕事ができない奴なのに、
「あいつは○○大学出ているから優秀だ」なんてバカなこと言う。
そういうのがどうしても許せませんでした。
(だからといって私は高卒だから仕事できないと非難されたことも
ないのですが・・・)
あと、将来、今の仕事の実績を生かしてコンサルティングの仕事を
したいと考えていたので、そのためにも大卒の伯は必要だよなぁ
なんてことも考えていました。

そこで一念発起、会社を辞めて大学に行って勉強しよう!
受験勉強をはじめたのです。

ただでさえ仕事が忙しくて毎日午前零時を過ぎる帰宅
でしたが、合格するまでは仕事を続けないと生活できないので
家族にも会社にも誰にも内緒でコツコツ勉強を始めました。
もし合格して大学へ行くにしても、私立に通うだけのお金はないので、
何としても国公立に合格する必要があります。
あの時は、高校生の時にもっときちんと勉強して大学に進学
しておけばよかったと、毎日毎日思っていました。
特に、英語はキツかった。もうすっかり頭の中から消えている文法や
単語を一から覚える必要がありましたから。。。

誰にも内緒で有給を取って受験に出かけたときは、めちゃくちゃドキドキ
したものです。

 ちなみに、受験勉強していた時私は営業職でした。このときの営業
 成績は対前年比150%でした。。。後で色々言われたくなくて勉強も
 仕事もめちゃくちゃがんばってた。

晴れて一発で某公立大学に合格することができた私は、胸高らかに
家族に大学生になるぞ!宣言をしました。

わが愛しい校舎です。

・・・ところが・・・家族は大反対!
当時、会社では「営業所所長」という職にあった私に、家族は皆
何の不満があるのだと、会社を辞めることに猛反対。
せっかく頑張って合格したのに、みんな冷たかった。。。

それでも、何とか説得。家族問題が解決した後、会社に辞表を提出
しました。
が、今度は退職届を受理してもらえない・・・
社長は、大学に通いながら仕事をすればよいと言い出したのです。。。
今思えば、あの時退職して大学生に専念していれば、もう卒業して
いたに違いない。。。

この続きはあした。




わたし ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。